出生前診断について一度みて頂きたいページ~臨床遺伝専門医として~|大阪市のゆたかマタニティ超音波クリニック

  • HOME
  • 一度は受けたい Anniversary 胎児検診(4D超音波検査)
  • 妊娠中のお母さん達の声
  • ピルの処方
  • 胎児ドック

出生前診断について一度みて頂きたいページ~臨床遺伝専門医として~

出生前診断における当院の考え方 〜臨床遺伝専門医として〜

出生前検査において、NIPT(無侵襲的出生前遺伝学的検査)が普及し出生前検査の形態が変化しつつあります。誰でも、どこでも(産婦人科以外でも)、検査を受ける事ができるようになってまいりました。しかし、出生前診断は、新しい生命と向き合う事がとても大切で、命であるが故に、陽性陰性と区分出来ない事に遭遇します。その時は、超音波検査を何度も行い、文献検索で情報を集め、さらなる遺伝学的検査を模索します。そして、御両親が、正解が無い中でも十分に考え選択できるように、正しい情報を提供し、何時間でも何度でも一緒に考えていく事が、出生前診断に携わる施設としての使命と思っております。

当院では、絨毛検査、羊水検査の染色体検査を提供しておりますが、同時に、超音波検査を重視しております。赤ちゃんの先天性疾患のうち染色体異常の割合は約20%と言われております。疾患の診断は超音波検査になりますので重要ですね。

私(院長)は人類遺伝学会、遺伝カウンセリング学会認定の臨床遺伝専門医の資格を有しております。しかし、資格を有している事が重要ではないと思っており(学会での指針を遵守し、医学会の発展に貢献する責任を担っておりますが)、大切な事は、専門医として真摯な姿勢で向き合う事と思っています。

医師、助産師、看護師がカウンセリングマインドを持って対応

難しい事は置いておいて、まずは、何より、不安に思っている事をOpenにしていただける、話し易さを提供しております。私(院長)だけではなく、カウンセリングマインドを持った助産師、看護師が電話対応(受付)を最初からしております。電話の一声からカウンセリングが始まっておりますので、相談してくださいね。

当院は出生前診断を行っておりますが、出生前診断のみを行うクリニックではありません。絨毛検査、羊水検査を行っており、「検査した方が良いですか?」と聞かれますが、決して勧める事はしておらず、考える時間を大切にしております。
スタッフに何でも相談して一緒に考えていきましょう。

当院の目指しているコンセプト

当院は「妊婦健診では補えない価値を提供する」為に、このクリニックを設立しました。通院されている産院は分娩を扱いながらの外来診療、高次医療機関では搬送の受け入れ等、それぞれの役割があり、診療施設へ敬意を払っております。その中で、どうしても妊婦健診では補えない部分が生じた場合、当院ができる限りの事を行い、向き合う事で貢献をしたいと考えております。生まれてくる赤ちゃんへ準備が必要かどうか知る事は重要ですね。心臓疾患の有無等は、NIPT等では診断できず、当院では小児循環器とも連携(遠隔診断)しながら診断を行っております。
こんなクリニックがあって良かった、と思って頂ける事が最大の喜びです。


PAGE TOP